彩誉:腐葉土を敷きつめる

 先日無事発芽した驚異の人参・彩誉。雑草防止と、表土の乾燥防止のため、腐葉土を畝に敷きつめました。 人参は初期成長の遅い作物で、栽培初期の作業で最も大事なことの一つとして雑草の除去があげられています。雑草を放任していると、新しい芽が埋もれてしまい。十分な成長が見込めなくなってしまいます。特に晩夏蒔きの年内収獲の作柄の場合は、幼苗段階でのこの雑草対策がとても重要と考えられます。こんなことなら、種蒔きの段階で腐葉土を敷きつめておけばよかったです。

DSC_0096.JPG

⇒水なすの「なす伝」ホームページへ・水なす、トマト、野菜のスィーツなどを紹介

⇒水なすの「なす伝」オンラインショップへnasu-den on line shop